人は環境によって左右される?自分の周りの環境をしっかりと整えよう 。

人間だけではなく生き物のほとんどが、自分が生きている環境によってその体の状態や性質というのが左右されます。

どれだけ野性的な生物として知られている動物であったとしても、動物園に訪れてみるとおとなしく飼育員の人に餌をもらっている光景を目にした方も多いのではないでしょうか。

このように自分が身を置く環境によって、これからの将来がどのようになっていくか、どう生きていくことができるかというのが大きく変わってきます。

そのため自分の周りの環境をしっかりと整えて、生活をコントロールするというのが非常に重要です。

そこで今回の記事では自分の周りの環境をしっかりとコントロールし、将来に向けて最高のコンディションづくりをできる方法を紹介していきます。

将来を成功に導く環境作りのやり方とは?

人間が成功するにあたっていくつかの必要な要素というのがありますが、その中でも環境というのは非常に大きな役割を占めているものの一つです。

そこで以下では、どのように環境づくりを行い成功に近づくのかという方法を解説していきます。

疲労を感じたらマッサージが最適な方法ではない

多くの人がよく犯してしまいがちな間違いとしてあるのが、少し疲れたらすぐにマッサージなどに行くというものです。

確かにマッサージに関しては、体の状態をよくするためにかなり有用なものですが、より簡単で良い方法というのも存在しています。

それは「自然に触れる」ということです。

現代に暮らしている多くの人に当てはまることですが、私たち文明人の暮らしというのは自然から離れてしまっているため、意識的に自然に触れるということをしなければいけません。

例えば非常に興味深いデータとして、自然に近い環境に身を置くことにより副交感神経が活性化するというものがあります。

副交感神経というのは、人間がリラックスした時に動き出すものであり、 体に溜まった疲れやダメージを回復させる働きがあるため、疲労を回復させるためには欠かせないものです。

特に都会で暮らしていると、ネオンの輝きや絶えずついている明かりによって、私たちは知らず知らずのうちに興奮状態にあります。

こういった状態を改善するためには、自然環境に触れるというものが重要であり、それだけで疲労やダメージをある程度回復させることができるため、ぜひ実践してみてください。

自然は画像などでも良い?

ここまで自然環境が体によい影響を与えると紹介してきましたが、いきなり山や森に入って生活するというのは当たり前のことですが難しいことになります。

どれだけ今までの生活を維持しながら自然環境と触れ合っていくかというのが重要であり、そこで知っておきたいのが「画像や動画」といった自然です。

実はこういった本物ではない自然環境に触れ合うことでも、私たち人間の身体はリラックスすることができるという実験結果が出ています。

そこで普段の生活において、5分から10分でも良いので、自然を感じることのできる画像や動画、もしくは音に触れ合うようにしましょう。

そうすることでマッサージよりも効果的な疲労回復、というのが可能になるでしょう。

友人とのコミュニケーションは欠かさない

自分の環境をコントロールするにあたって重要なのが「友人」です。

友達との関係を大切にしようと聞くと、ともすれば古臭く感じる方も多いかもしれません。

しかし良好な人間関係を保っている人は、日々の生活で孤独を感じている人よりも、約15年近く寿命が延びるというデータが存在しています。

どれだけ周りの環境を素晴らしいものに整えたとしても、人間関係が悪ければ常にストレスを感じる孤独感を生じてしまうことは間違いありません。

こういったストレスや孤独感というのは、常に脳に対して負荷を与えることになるため、どこかしらに不調を感じさせともすれば寿命が短くなることにもつながるのです。

そのため私たちがより良い環境で生きていくためには、友人とのコミュニケーションというのは絶対に欠かせないものになるでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

私たち人間が良い環境づくりをするにあたって重要になるのが、自然環境に触れることと友人とのコミュニケーションです。

自然環境に触れることによって、知らず知らずのうちに溜まった疲労やダメージというのを回復することができるのはもちろんのこと、友人とのコミュニケーションを欠かさないことによって精神的にも安定を得ることができます。

これは特段難しいことではなく、今日からでも簡単に実践することができるものです。

ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

投稿日:
カテゴリー: Culture

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です