スポーツと音楽の関係性とは?音楽を聴くとどんな効果が得られる?

アスリートの方が本番前にお気に入りの音楽を聴いて集中力を高めたり、音楽を聴きながらランニングをしたりなど「スポーツ」と「音楽」には深い関わりがあるイメージが強いですよね。

アスリートや日常生活でスポーツを楽しむ方々が音楽を聴くことで、どのような効果を得ることができるのでしょうか。

今回はそんなスポーツと音楽の関係性について解説していきます。

スポーツにおける音楽の効果について

アスリートの方が本番前などに音楽を聴いているという話を耳にすることが多いですが、主に以下のような効果が期待されています。

  1. 集中力を高める
  2. リラックスする
  3. モチベーションを高める

スポーツではフィジカルだけでなく、メンタルも重要視されますが、どのような効果が得られるのか詳しく見ていきましょう。

①集中力を高める

試合前や本番前にお気に入りの音楽を聴くことで、自分の世界に集中し、集中力を高めることができます。

余計な雑音を排除し、音楽だけが鳴り響く状況を作ることで、頭の中を整理して雑念を取り除き、競技に集中できると言われています。

②リラックスする

音楽をリラックス目的で利用するアスリートも数多くいます。

本番前のルーティーンの1つに同じ音楽を聴くことで、緊張をときほぐし、リラックスした状態で競技に臨むことができるでしょう。

③モチベーションを高める

気分の盛り上がる曲や自分を勇気づけるような曲を本番前に聴くことで、モチベーションを高める方もいます。

アップテンポでポジティブな音楽を聴くことで、気分を盛り上げ、高揚感を保った状態で本番に望めます。

ランニングや筋トレでも音楽を聴くのは効果的

アスリート以外の方でも、ランニングやジムでの筋トレ中に音楽を聴く方は多くいます。

このような方には上記以外にも、さまざまな効果があるといえます。

  1. ランニング中の気持ちを持続させる
  2. 曲のテンポに合わせて走れる
  3. つらさを感じにくくする

具体的にどのような効果が得られるのか詳しく見ていきましょう。

①ランニング中の気持ちを持続させる

ランニングのように同じ動きを繰り返しながら、長時間行うスポーツの場合、やっている途中に飽きを感じ始めることがあります。

単純動作の繰り返しで、負荷も小さいため変化に乏しく、暇を感じてしまうかもしれません。

そんな時に音楽を聴くことで暇を紛らわせて、集中力を持続させることができます。

②曲のテンポに合わせて走れる

ランニングをされる方は自分の走るテンポに合わせて、選曲をする場合が多くあります。

頭の中でリズムを取りながら、呼吸や脚を合わせてランニングをすれば、ペースも保てますし、キツさを感じたときでも曲に着いていこうと頑張る気力が生まれます。

③つらさを感じにくくする

音楽を聴くことでスポーツやトレーニング中の辛さを紛らわすこともできます。

アップテンポで盛り上がる曲を聴けば、気分も盛り上がりますし、ワークアウトの時間に合わせたプレイリストを作成すれば、ゴールも見えてモチベーションも上がります。

身体や精神的に乗り掛かる負荷を和らげ、やる気を高めながら日々のトレーニングに集中することができるでしょう。

まとめ

スポーツと音楽の関係性について解説していきました。

人によって好きな曲や盛り上がる曲は異なると思うので、それぞれに合った音楽で気分を盛り上げながらスポーツを楽しんでみましょう。

ただし、イヤホンを着けてランニングなどをすると、周囲の音が聞こえづらく危険が生じる可能性もあるので注意が必要です。

日々のトレーニングやスポーツ習慣を継続していくために、音楽の力を使ってみてください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です