【メンズファッション】キャップを使って大人カジュアルに!おすすめコーデ3選

大人カジュアルに取り入れたい小物といえば、キャップは欠かせません。「え、キャップって被ると子供っぽくならない?」「キャップはやんちゃ感が出るから、コーデには取り入れたくない!」と考えているアスリートのみなさま。実は、ポイントさえ掴んでしまえば、ワンランク上の大人カジュアルをゲットできるんです!

今回は、大人カジュアルを作るために大切なアイテムのキャップを、どのように取り入れるべきか解説します。おすすめのキャップコーデもご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

1.キャップで大人カジュアルを作るポイントとは

では、まず大人カジュアルをキャップで簡単に作るためのコツをお話ししていきましょう。

1-1.コーデによってどのくらいの深さまでかぶるか考える

キャップをかぶるとき、まず気になるのはどのぐらいまでかぶるのかということではないでしょうか?この答えはズバリ、「コーデによって変える」が正解です。

キャップは浅くかぶると、一気にコーデにこなれ感をプラスしてくれます。シンプルな服装でも、「あれ、この人おしゃれ?」と女の子から好感度アップされてしまうかぶり方なんです。浅くかぶった時は、髪の毛をちらっと見せられるところもポイントの一つ。無造作ヘアで、肩の力を抜いた大人カジュアルコーデを作ってみましょう。

一方、キャップを深くかぶるときちんと感を出せるのが魅力的です。パーカーやデニムなどと合わせてもコーデを締めてくれるので、「カジュアルコーデをキリッとまとめたい!」と考えているメンズにおすすめ。また、キャップは深くかぶればきれいめアイテム代表のシャツとも相性抜群ですよ。

1-2.デザインやカラーはシンプルなものが合わせやすい

大人カジュアルを目指したいなら、キャップはシンプルなものをチョイスしましょう。ついつい小物で差をつけたいからと、目立つデザインを選ぶ方も多いですが、その場合は服装とのバランスが難しくなってしまいます。

キャップをコーデに加えるときは、どのように目立たせるのかではなく、どのようにワンポイントとして使うのかを考えてみましょう。キャップを取り入れるだけでコーデの雰囲気がグッとおしゃれになるので、まずはシンプルなキャップを選んでみてくださいね。

1-3.服装はごちゃごちゃさせない

キャップをかぶることでコーデがパッと華やかになるので、服装は力を抜いたシンプルな雰囲気がおすすめ。気取らないシンプルな大人カジュアルは、女子の心をグッと掴みます。

逆に、おしゃれにしようと服装を頑張りすぎてしまうと、キャップとぶつかって全体の雰囲気がごちゃっとすることも。キャップを取り入れる際は、なるべくシンプルなコーデを考えてみましょう。

2.キャップを使ったメンズの大人カジュアルコーデ3選

では、キャップを取り入れたおすすめ大人カジュアルコーデをご紹介しましょう。

2-1.白のスウェットと合わせたストリートコーデ

ダボっとしたビッグシルエットのスウェットと合わせた、こちらのキャップコーデ。トップスがゆるっとしたフォルムでカジュアル感満載ですが、ボトムスにタイトな黒パンツを合わせることでシンプルにまとめていますね。

さらにインナーに黒シャツを合わせて、襟をチラ見せしているのもポイントの一つ。シンプルながら小技を利かせたモノトーンコーデに、緑のキャップが非常に映えています。

2-2.黒のキャップでスタイリッシュに

クールでスタイリッシュにまとめたいなら、チョイスしたいのは黒のキャップ。トップス、ボトムスとブルゾンやジーンズでカジュアルに仕上げていますが、キャップに黒を選ぶことで男らしい大人カジュアルコーデを完成させました。

キャップと同じく小物のリュックは、黒をチョイス。小物同士でカラーを合わせることで、統一感を持たせていますね。

2-3.キャップを後ろ向きにかぶってやんちゃ感を出す

白Tシャツにストライプのきれいめパンツを合わせた、きれいめカジュアルコーデ。このままでも十分素敵ですが、少々シンプルすぎて物足りなくなく感じてしまうことも。

そこでおすすめしたいのが、キャップを逆にかぶってやんちゃさを出すこと。逆にかぶることでカジュアルさが増すので、大人カジュアルを目指すメンズはこちらのようにどこかにきれいめアイテムを取り入れることがおすすめです。

3.キャップを活用して大人カジュアルを手に入れよう

子供っぽいと思われやすいキャップですが、シンプルな服装に合わせることで簡単に大人カジュアルを組み立てることができます。キャップを野球帽にしないためには、今回お伝えした3つのポイントを参考にしてみましょう。

「すぐにおしゃれになりたい!」というアスリートのみなさんは、ぜひキャップを活用してみてくださいね。

アバター

作成者: editor01

jklmn

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です