遺伝子からの食事アプローチ!アスリートのパフォーマンスを上げる食事改善法とは?

人間の体がどのように発達していくのか、どういった筋肉がつきやすいのかは、全て生まれた際に「遺伝子」によって定められています。

そのため遺伝子を分析することで、自分に最適のトレーニング方法などを知ることができるのです。

一方で私たち人間の体を作るもう一つの重要要素が「食事」になります。

毎日口に運ぶ食事にこだわることによって、アスリートは競技のパフォーマンスをあげることができるのです。

そのためアスリートの方は、できるだけ体に効率の良い食事を、毎日口にしたいと考えている方も多いのではないでしょうか。

実は遺伝子検査をすることで、特定の栄養の吸収効率の良さなどを知ることができるのはご存知でしょうか。

そこで今回は「遺伝子検査によって日々の食事をより効率にし、パフォーマンスをアップする方法」について詳しく紹介していきます。

遺伝子検査で知ることができるあなたに最適の食事

遺伝子検査をすることで、どのような筋肉がつきやすいのかなど知ることができるのはもちろんのこと、自分に最適の食材を知ることができます。

なぜなら遺伝子検査は、どういった栄養(ビタミンやミネラルなど)をどのくらい吸収できるのか明確にすることができるからです。

吸収しやすい・しにくい栄養をしることができるので、それに合わせて食事の内容もより効率的にすることができます。

また吸収しにくい栄養を補助するための食材を積極的にとるなどもすることができるので、より栄養吸収の効率が上がり、パフォーマンス向上にもつなげることが可能なのです。

実際に遺伝子検査を取り入れているプロのアスリート

例えば、日本ではJ2のプロサッカーチーム「水戸ホーリーホック」において、遺伝子検査とそれに基づいた食事指導を、栄養士指導の下行なっています。

遺伝子検査に基づいた食事管理を行なった結果、少しずつ選手たちが良いパフォーマンスを出すようになりました。

  • 試合中必ず足がつってたのにつらなくなった
  • 怪我をしにくくなった
  • プレーの1つ1つにキレが出るようになった

こういった良い影響が出ており、遺伝子検査による食事管理は、アスリートに良い影響をもたらす可能性が高いといえるでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は遺伝子検査によってより食事を効率的にすることで、アスリートのパフォーマンスを向上させる可能性について探ってきました。

私たち人間の体は、毎日食べる食事によって構成されています。

そのため毎日の食事を少しでも効率的にできれば、体のコンディションはよりよくなることは必然的です。

食事はアスリートにとって、仕事の一つでもあり、パフォーマンスを上げる可能性があるのであれば、向上させる機会を逃してはいけません。

遺伝子検査によって、自分の体質をしっかりと見極め、栄養の吸収効率を上げることができれば、アスリートはこれまで以上のパフォーマンスを出すことができるでしょう。

http://news.biglobe.ne.jp/list/008/010/%E3%82%A2%E3%82%B9%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%88_%E9%A3%9F%E4%BA%8B.html

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です