スポーツの競技人口ランキング!世界で最も競技人口が多いのはどのスポーツ?

全世界では多種多様なスポーツが楽しまれており、国が違えば主要なスポーツも異なります。

「日本ではこんなに有名なのに、世界ではマイナーだった」「日本ではマイナーだけで、世界ではこんなにメジャーなの?」など思ったスポーツも多いでしょう。

では、「世界で最も競技人口が多いスポーツは何?」と聞いて、皆さんであればどのスポーツを想像するでしょうか。

今回は気になる「スポーツ競技人口ランキング」を発表していきます。

第1位:バレーボール

意外にも世界で最も競技人口が多いスポーツは「バレーボール」と言われており、世界で約5億人もの人が楽しんでいます。

老若男女問わず楽しめる上に運動負荷が小さいというのも競技人口の多さに関係しているでしょう。

第2位:バスケットボール

第2位はバスケットボールで競技人口約4億5000万人と言われています。

アメリカを中心に競技人口が多く、ヨーロッパでも人気が高いため、世界で2番目に競技人口が多いスポーツとして君臨しています。

日本でもプロリーグや部活動を中心に人気を集めているスポーツですし、運動負荷は比較的高いものの、3on3やフリースロー対決など、さまざまな形で楽しめるのも人気の秘密だと考えられます。

第3位:卓球

第3位は卓球で競技人口約3億人と言われています。

日本でも身近なスポーツとして親しまれていますし、老若男女が気軽に楽しめるというのも人気を支えている理由と考えられるでしょう。

世界の中では特に中国で競技人口が多く、世界トップレベルの選手が多数排出されています。

第4位:クリケット

日本ではほとんど馴染みのないクリケットが競技人口第3位で、約3億人もの人が楽しむスポーツです。

イギリス発祥のスポーツで、旧イギリス植民地であったインドで人気を集めています。

約13億人もの人口を誇るインドで国民的スポーツとして親しまれていることが、競技人口を大きく押し上げています。

第5位:サッカー

第5位は日本でも人気の高いサッカーで、競技人口は約2億6000万人と言われています。

ヨーロッパを中心に高い人気を誇っており、アジア、アフリカ、南米はもちろん、最近ではアメリカでも人気を高めているスポーツです。

サッカーは競技人口が多いイメージですがが、意外にも第5位でした。

日本のスポーツ競技人口ランキング

日本ではどのようなスポーツが人気を集めているのか見ていきましょう。

ここでは「政府統計の総合窓口(e-Stat)」から日本のスポーツ競技人口ランキングを紹介します。

世界と比較してどのような違いがあるのかにも注目です。

ランキングスポーツ競技人口
第1位ウォーキング・軽い体操約4700万人
第2位器具を使ったトレーニング約1700万人
第3位ボウリング約1400万人
第4位ジョギング・マラソン約1300万人
第5位水泳約1200万人
第6位登山・ハイキング約1100万人
第7位つり約1000万人
第8位サイクリング約900万人
第9位ゴルフ約900万人
第10位野球約800万人

ウォーキングや軽い体操がスポーツ競技に入るのかは疑問ですが、「政府統計の総合窓口(e-Stat)」では競技人口が一番多いです。

また、「競技人口」の定義や集計方法が世界とは異なるため、一概に比較することはできませんが、日本では日常的なスポーツを楽しむ方が多いのが特徴です。

日本ではメジャースポーツの印象が強い野球は約800万人で第10位となっています。

競技人口が多いイメージのサッカーは11位、バスケットボールは17位という結果でした。

まとめ

スポーツの競技人口ランキングをご紹介しました。

皆さんがイメージしていた結果とどのような違いがあったでしょうか。

日本ではマイナーでも世界中で親しまれているスポーツもあるので、気になった方はさまざまなスポーツをチェックしてみてください。

投稿日:
カテゴリー: Sports

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です