スポーツにおすすめのコートとは?特徴や選び方についてもご紹介

梅雨の時期や、冬のスポーツに欠かせないアイテムの一つにベンチコートがあります。

特にサッカーなど冬場でも外で活動するスポーツにおいては必須アイテムと言えるでしょう。

選ぶ際には、撥水効果がある、屋外に長時間いても寒さに耐えられる機能のあるものなどが一番です。

今回は、スポーツコートの特徴から種類、選び方まで紹介するので参考にしてみてください。

スポーツコートの特徴

冬のスポーツの世界で使用されるコートですが、そもそもどのような特徴を持っているのでしょうか。

具体的にここでは特徴について解説します。

ロング丈は高い防寒性を実現

特徴としてまずあげられるのが、ロング丈もあることです。

通常のダウンと比べても、膝あたりまで長さのあるタイプになります。

そのため、上半身だけではなく、足元まで寒さを感じにくいのが特徴です。

その高い防寒性を実現できることによって、選手はもちろん、スポーツ観戦の快適さもアップします。

風や水に強い

風や水にも強いことも特徴としてあげられます。

風を通しにくいデザインで作られていることが多いため、強風時でも寒さを感じにくくしてくれるのです。

また、撥水性も高いのが特徴なので、多少の雨でも濡れる心配はありません。

機能性が抜群であるため、スポーツや観戦には実用性が高いのが特徴です。

スポーツコートの選び方

スポーツコートといっても種類は様々です。

また、使うシーンによっても選び方が異なるため、購入の際には慎重に選ばなくてはなりません。

ここでは、選び方で特に注目したいポイントについて説明します。

内部の素材を確認しよう

内部に使用されている素材は大きく分けると2種類です。

具体的には「ダウン」と「ボア」の2種類が使用されていることがほとんどになります。

ダウンは、保温性が高く軽量であることが特徴です。

動きやすく暖かいので、実際にスポーツをする方におすすめと言えるでしょう。

また、観戦時でも重量がありすぎるものは避けたいと思うならダウンを選ぶことをおすすめします。

一方、ボア素材はダウンに比べると軽さ、暖かさのどちらも劣ります。

しかし、圧倒的なコストパフォーマンスは魅力的と言えるでしょう。

実際にダウンに比べると、中には数万円の差が出ることもあります。

そのため、できる限り安く抑えたい方におすすめです。

丈の長さで選ぶ

スポーツコートの特徴としては、丈が長いことがあげられますが、その長さにも種類があります。

大きく分けて「ショート」「ミドル」「ロング」の3種類です。

ショート丈

ショート丈は腰くらいまでの長さとなっており、通常のジャケットよりも少し丈が長いくらいになります。

動きやすい特徴がある一方、足元は寒いので観戦中などにはあまり向きません。

ミドル丈

ミドル丈は膝上くらいの長さがあるコートです。

こちらは比較的動きやすく、足元も寒さから守れるのが特徴になります。

ただし、ショート丈よりは動きにくいため、着たままプレーすることはできません。

ロング丈

ロング丈は膝下のふくらはぎくらいまでの長さがあるコートです。

こちらは主にベンチに控えている選手や監督、スタッフなどが使用するタイプです。

また、スポーツを観戦するときなど、あまり動かない場合に適しています。

高い防寒性があるため、とにかく寒さから身を守りたい方はロング丈を選びましょう。

スポーツコートで雨や寒さをしのごう

スポーツで使用されるコートの説明をしましたが、特に冬場はプレーする選手や観戦に必須アイテムと言えそうです。

寒さを防いでくれる頼れる救世主となってくれるため、まだ所有していない方は購入を検討してみてください。

また、選ぶ際にはそれぞれ好みやチェックしておきたい重要なポイントなどもあるので、この記事で説明した内容も参考にしながら選んでみてはいかがでしょうか。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です