【誰でも実践可能】アスリートとしてのキャリアを成功させる7つの哲学とは?

ビジネスの世界で成功している哲学は、スポーツの世界においてもかなり有効であることは、多くの人が実感している事実でもあります。

しかしアスリートにとって、ビジネスで成功した哲学のうちどのようなものが、スポーツにも適しているのかというのは、なかなか見抜くのが難しいことかもしれません。

アスリートからみたビジネスの世界、ビジネスの世界からみたアスリートは、それぞれ大きく異なるものです。

そこで今回は、ビジネスの世界で共有されている哲学の中で、アスリートが今すぐ取り入れるべき7つのものを紹介していきます。

アスリートとして成功をおさめるには、自分の中に指針や哲学というのが必要です。

今回紹介したものを参考にして、自分だけの哲学や行動指針を作ってみて下さい。

アスリートとしてのキャリアを成功に導く7つの哲学

ここからはアスリートとしてのキャリアを成功に導くために、ビジネスの世界で有名かつスポーツでも応用させやすい7つの哲学について紹介していきます。

才能だけではない毎日の努力が重要

アスリートにとって「才能」という言葉は、言い訳に使われやすいものでもあります。

才能のある人は同じ練習をしても、普通の人と成長していくスピードが違うと思いがちです。

しかしそんなことはありません。

才能よりも毎日の圧倒的な努力が必要であり、量をこなすことによって初めて効率的に成長できる方法を見つけることができるのです。

まずは毎日継続的に努力をすることが、ビジネスでもスポーツでも変わらず重要なことと言えるでしょう。

チームメイト・仲間から学習する

自分自身のスキルを向上させるためには、常に新しいものを取り入れなければなりません。

アスリートにとってはチームメイト・仲間というのは、自分とは全く異なる動きを行なう人でもあります。

常に周囲を観察して、何か盗めるものや参考にできるものはないか学習しましょう。

スランプとうまく付き合う

偉大な野球選手でもあり監督であった野村勝也氏は、スランプとうまく付き合うのが重要と語っていました。

この発言の裏には。成功と失敗のふり幅が大きい人間よりも、失敗を最低限まで抑えて、継続的な結果を出すことができる人こそが、アスリートとして成功することができるという考えがあります。

ビジネスでもスポーツでも、平均して結果を出すことができる人材こそが生き残れるということです。

環境に対する適応能力を磨く

人間というのは、周囲の環境に適応することで生き残ってきた生き物です。

ビジネス・スポーツの世界では、毎分毎秒様々な変化が巻き起こっており、これに適応できなければ、生き残ることは難しいでしょう。

環境や時流の変化に柔軟に対応できるように、普段からしっかり準備することが重要です。

メンターを見つける

ビジネスにおいて、メンターが成功に大きな役割を担っているように、スポーツでも目標となる人・助言をくれる人を見つけるのはかなり重要です。

自分が今やっていることがあっているのか、将来のビジョンから逆算してなにをすればよいのかというのは、1人では判断することができません。

メンターを見つけて、常に自分を客観視できるような環境を整えましょう。

将来のビジョンを共有する

団体で行なうスポーツはもちろんのこと、個人で行なうものであっても目標に向かって一緒に進む仲間というのは存在します。

そういった人々の間で、将来のビジョンを共有し同じ目標達成に向けて進んでいくことは、絶対に怠ってはいけません。

足並みがそろっていなければ、絶対に目標を達成することはできないので、必ず将来のビジョンは共有するようにしましょう。

コミュニケーションは欠かさない

成功するためにはコミュニケーションを欠かさないということは忘れてはいけません。

自分のパフォーマンスを客観視したり、周りとのすり合わせによってパフォーマンスを向上させたりするためには、コミュニケーションは必要不可欠になります。

常にコミュニケーションを行い、チームメイトやコーチと良質な関係を維持しましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は誰でも実践可能な、アスリートとしてのキャリアを成功に導くための哲学を紹介してきました。

ビジネスの世界だけではなくスポーツの世界、日常生活においてでも重要な哲学になっているので、ぜひ実践してみて下さい。

投稿日:
カテゴリー: Culture

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です