若かりしころのメッシは暴飲暴食していた?食生活の改善で変わった競技人生

史上最高のサッカー選手とも言われている、バルセロナ所属のリオネル・メッシ選手。

実は彼の若い時は、食生活にこだわっておらず、暴飲暴食を繰り返しており、試合中嘔吐などもしていたという意外な事実はご存知でしょうか?

食生活の影響で、筋肉系のトラブルを絶えず抱えていたメッシ選手ですが、一念発起し食生活を改善することで、怪我や体調不良を解決し現在の地位を築いたのです。

そこで今回の記事では、食生活がスポーツ選手の選手生命を左右する食生活の重要性を、リオネル・メッシという一流アスリートの例を参考に紹介していきます。

若きリオネル・メッシの意外な食生活

今では世界最高の選手の座を常に争っているリオネル・メッシ選手は、若い時から食生活にこだわって過ごしていたのではないかのように思われます。

しかし若かりしころの彼は、暴飲暴食を毎日繰り返しており、競技のパフォーマンスにも影響を与えるほどでした。

【若い時のリオネル・メッシ選手が好んでいた食事】

  • ピザ
  • 脂質と糖質がふんだんに使われたお菓子(チョコレートなど)
  • 甘いジュースなど
  • 種類問わず好きな肉類

素人目に見てもアスリートが日常的に食べるものではないものを好んで食しており、その影響は競技のパフォーマンスや体にも影響していたそうです。

実際に若いころの彼は、常に筋肉系のトラブルを抱えて怪我をしやすかったり、試合後に嘔吐を繰り返すなど、明らかに体がついていけていませんでした。

食生活を改善しパフォーマンスが向上!

若い時でも十分に活躍していたメッシ選手ですが、試合後の度重なる嘔吐と筋肉の怪我を鑑みて、スポーツ栄養士とともに食生活の改善に着手しました。

まず上記でも紹介した暴飲暴食をやめて、食生活を1から組み立て直したのです。

【食生活改善後の食事】

  • 新鮮なオリーブオイル
  • 全粒穀物
  • 新鮮な果物
  • 新鮮な野菜
  • 新鮮な魚
  • 高たんぱくで低脂質の肉

上記の食生活と比較すると、まるで別人の食事であることが分かるのではないでしょうか。

食生活改善前までは、野菜や魚を食していなかったのですが、栄養士の助言によって積極的に摂るようになったそうです。

またジュースやお菓子で摂っていた砂糖類を少しづつ減らし、おやつや間食にはナッツやかぼちゃの種などを積極的に摂るようにもなりました。

食生活の改善でパフォーマンス向上

食生活を改善することによって、まず試合後の嘔吐などがなくなったそうです。

そして徐々に長年彼を悩ませていた、筋肉系のトラブルによる戦線離脱などもなくなり、1年間を通じて継続的なパフォーマンスを出せるようになりました。

現在でもそういった食生活は続けており、選手生活を通じて大きな怪我をすることなく、現在の地位を築きあげています。

サッカー選手として世界最高の1人といわれているメッシ選手ですが、若かりしころは食生活によってパフォーマンスを最大限に発揮することができていませんでした。

食生活を改善するという決断を下さなければ、もしかしたら現在の彼はなかったかもしれませんね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

サッカー選手として世界最高の1人といわれているリオネル・メッシ選手。

そんな彼は若かりしころは、食生活が原因でパフォーマンスに悪影響を及ぼしていたという意外な過去がありました。 

アスリートの中でもトップ中のトップといえるであろう彼も、食生活によってパフォーマンスを改善させることができたという事実は、他のアスリートにとっても興味深い事実でしょう。

もし現在原因不明のスランプや、パフォーマンス低下に悩まされているとしたら、それは食生活が原因かもしれません。

世界最高のアスリートを見習って、今一度食生活を見直してみるのも良いかもしれませんね。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です