フィジカルモンスター クリスティアーノ・ロナウドは毎日食事を6回食べる!?

世界でもっとも有名で実力のあるアスリートは誰だろうか?

こういった質問を世界中の人々に問いかけた時に、競技問わず多くの人が口にするのがクリスティアーノ・ロナウド選手なのではないでしょうか。

鍛えられたフィジカルはあまりにも有名であり、みなさんも一度は腹筋の割れたシルエットを見たことがあると思います。

そんなフィジカルモンスターであるクリスティアーノ・ロナウドを支え続けているのが、ストイックすぎる食生活です。

若いころから食事にはこだわりぬいていたロナウド選手は、現在では1日最大6食と食事回数がかなり多いことでも知られています。

そこで今回の記事では、アスリートの中でも特に鍛え抜かれているロナウド選手の食生活を分析し、高いパフォーマンスを維持する方法を探っていきましょう。

若いころからストイックだったクリスティアーノ・ロナウド

ロナウド選手は、若いころから練習を誰よりも行なう努力家だったことは知られていますが、それ以上に食生活の面でもストイックに過ごしていたことはご存知でしょうか?

有名なエピソードで、練習がおわったチームメイトをロナウド選手が「一緒に食事しよう!」と誘い、家でゆでた鳥胸肉とサラダしかださなかったというものがあります。

食事を出されたチームメイトは、「これは前菜だろう」と思い、次の食事が出されるのを待っていたら、食事は終わりだと告げられて、ロナウド選手のストイックさに同じプロ選手ながらドン引きしたそうです。

チームメイトを食事に誘いながらも、質素な食事で終わり、その後トレーニングに誘い出したというロナウド選手。

こういったエピソードからも、ロナウド選手が食事にストイックであったことが分かり、今日での活躍はこういった積み重ねが生んでいるのでしょう。

クリスティアーノ・ロナウドは毎日6回食事をする!?

そんな若いころからストイックにフィジカルを磨き続けてきたロナウド選手ですが、どういった食生活を送っているのでしょうか。

ロナウド選手の食生活で、1番特徴的なものとして挙げられるのが「1日6食」という食事の回数になります。

以下がロナウド選手の代表的な1日の食事内容です。

【1日の食事メニュー例】

  • 朝食:ハム、チーズ、低カロリーヨーグルト
  • 昼食1部:チキンサラダ
  • 昼食2部:マグロ、オリーブ、卵、トマト
  • 間食:フレッシュフルーツ、アボカドトースト
  • 夕食1部;メカジキ、サラダ
  • 夕食2部:ステーキ、イカリング

上記のメニュー例をみると、一般的な成人男性にとっては過剰カロリーに感じられるかもしれません。

しかし1日のほとんどをトレーニングに費やしているアスリートの場合、これだけ食べても体重などにはさほど影響しません。

むしろ徹底的に「高たんぱく・低脂質」の食事を心がけている点は、賞賛に値するといえるでしょう。

また1日の食事を6回に分けているというのも特徴的です。

トレーニングの間に食事を設定することで、エネルギー切れを起こすことなく、長い時間集中力を切らさずに、動き続けることが可能になっています。

こういった食事を1年間毎日つづけていることもあって、ロナウド選手はほとんど大きな怪我をしたということがありません。

大きい怪我でシーズンを棒に振ることなく、フルシーズン稼動し続けることが出来る秘密も、もしかしたらこの食生活にあるかもしれませんね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ストイックな食生活とハードなトレーニングによって、強靭なフィジカルを維持しているロナウド選手。

食事の内容は、アスリートにとって理想的なものなのはもちろんでしたが、それに加えて食事回数を6回に分けているというのも特筆すべき点だといえるでしょう。

アスリートは毎日激しい練習などで、エネルギー切れによる集中力の低下などがおこりかねません。

そういったことを防ぐためにも、こまめに食事をすることで、体調の維持を図っているのでしょう。

練習などで体を動かすアスリートの人にとっては、1日3食という当たり前に感じられる習慣や常識を見直し、自分にとって最適の食事回数を見つけなければいけないのかもしれません。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です