アスリート必見!遺伝子検査で身体作りを効率的に?

個人の事を丸裸にできる情報とも言われている「遺伝子」。

生まれた時に両親から体質など様々な情報が書き込まれている遺伝子ですが、現代ではその研究も進み、個人の健康や病気に関することを知る一つの手段になっているというのはご存知でしょうか。

遺伝子検査をすることにより、個人の筋肉や体質に合わせたトレーニングを行うことが可能となるので、より高い成果を得ることができます。

そこで今回はそんな遺伝子検査を活用することによって、アスリートの身体作りをより効率的にする方法について紹介していくので、ぜひ参考にしてください。

遺伝子に注目したアスリートの身体作りとは?

人の個性がそれぞれ異なるように、筋肉のつき方も個人の遺伝子によって大きく変わってきます。

最新の研究では、両親から受け継いだ遺伝子によって、その人の筋肉がどのように発達するのか決まるということが判明しました。

これまでは監督やコーチが印象で「この部分が弱みだから、こういったトレーニングを行おう」と、感覚による指導を行なっていましたが、これからはそういった曖昧な指導はなくなっていく可能性があります。

なぜなら遺伝子検査を行うことによって、成長しにくいトレーニングを避けて、強みを伸ばしていくというのも可能になるからです。

遺伝子検査によって自分の体質を正確に把握することができるため、今後のアスリートはより効率的な身体作りをすることができるでしょう。

実際に遺伝子検査を取り入れたアスリートの具体例

すでに遺伝子検査を取り入れたアスリートも多く存在しているのはご存知でしょうか。

例えば競輪競技では、北陸大学の自転車競技部において、遺伝子検査が導入されています。

遺伝子検査を行うことによって、自分の長所と短所を事前に把握することができ、トレーニングにおいてもやらされているという感覚をなくすことに成功。

遺伝子検査によって、よりモチベーション高く競技に取り組むことができるようになっています。

またオリンピックに出場するアスリートにおいても、遺伝子検査を取り入れており、特に陸上競技ではこの傾向が強いです。

女子400メートルリレーの日本記録保持者の一員である渡辺真弓選手も、検査によって瞬発力が強い遺伝子を有していることが分かりました。

検査の結果を踏まえて、日常なトレーニングでも、瞬発力を伸ばすため70メートルのスプリントを積極的にメニューに導入。

従来では持久力などを伸ばすトレーニングを多くこなしていましたが、遺伝子検査を元に組み直したトレーニングを行うことによって、より良い記録を出すことに成功しました。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

遺伝子検査を行うことによって、自分の体質を限りなく正確に把握することが可能となります。

それに基づいたトレーニングを行うことで、自分の強みを伸ばしパフォーマンスを向上させることも可能です。

実際に、今回紹介したようにオリンピックに出場したアスリートも遺伝子検査を行うことによって、より良い記録を出すことに成功しているといった例もあります。

今後トップアスリートは、遺伝子検査を事前に行い、それに基づいたメニューや食事などを行うことが当たり前となる可能性も否定できません。

遺伝子検査はインターネットを通じて簡単に行うこともできるため、伸び悩んでいるアスリートの方は一度試してみてはいかがでしょうか。 (エクササイズ遺伝子を検査するキット URL:https://www.herseries.co.jp/wrk/exercise/html/page27.htm)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です