【メンズ】ストリートファッションを着こなそう!着こなしポイントやおすすめコーデを紹介

ここ数年で非常に話題になっている、ストリートファッション。スポーティーでカジュアルな服装は、幅広い年代から注目を集めています。
スケーターファッションから派生したスタイルでもあり、スポーティーなコーデが好きなら絶対に押さえておきたいファッションでしょう。
そこで今回は、ストリートファッションの特徴や着こなしポイント、おすすめのコーデまでたっぷり解説していきます。

1.ストリートファッションとは?

ストリートファッションとは、路上で生まれたコーデです。その時代で流行ったカルチャーが反映されており、ヒップホップやスケーターファッションなども当てはまります。
全体的にオーバーサイズでダボっと着こなすことが多く、男性はもちろん女性からも「かっこいい!」と話題のファッションです。肩肘をはらないフリーダムなコーデは、きっとテンションが上がってしまうこと間違いなしですよ。

2.ストリートファッションの着こなしポイント

ストリートファッションをかっこよく着こなすには、これからお話するポイントを押さえておくことが大切です。着方を間違えると急にダサくなったり、だらしなくなってしまうので、ぜひチェックしてみましょう。

2-1.オーバーサイズでゆるっとキメるのがおすすめ

ストリートファッションのポイントは、やっぱりオーバーサイズを選ぶこと。普段のサイズより1~2サイズ上のアイテムをチョイスしてみましょう。
トップスだけ、ボトムスだけ、または両方など、どんな形でも良いのでオーバーサイズのアイテムを取り入れてみると、ストリートファッションにぐぐっと近づきます。
ただ、オーバーサイズを取り入れる時は全体のバランスを整えることが大切です。ただ大きなトップス、ボトムスを合わせただけでは、だらしなく見えてしまうことも。ストリートファッション初心者さんは、長くてもお尻が少し隠れるほどのトップスがおすすめです。

2-2.足元はスニーカーで決まり

スポーティー感の強いストリートファッションは、やっぱりスニーカーを合わせたいところ。あくまでもストリートなゆるさが特徴なので、革靴をチョイスするのはおすすめできません。
カジュアル要素がたっぷり詰まったスニーカーなら、クールにキメられるため、スニーカー選びにも気をつけたいところ。スリムなフォルムとボリューミーなフォルム、どちらのスニーカーが合うのかなど、コーデによって考えてみてください。

2-3.シンプルなアイテムで揃える

ストリートファッションはオーバーサイズのアイテムを合わせるのが基本なので、フォルムだけでインパクトが強いコーデです。このため、ガチャガチャとしていたり主張の強いデザインは、コーデ全体の雰囲気をくどくさせてしまいます。
まずは、無地のシンプルなアイテムでコーデを組み立ててみましょう。またはロゴの入ったアイテムなら、エッジを効かせることができるので試してみてください。

3.おすすめのストリートファッションコーデ3選

では、クールなメンズストリートファッションを紹介します。

3-1.Gジャンをダボっと着こなす

トップス、ボトムスのどちらもブラックカラーのコーデ。異素材のGジャンを取り入れることでメリハリをつけておしゃれに着こなしていますね。
羽織っているGジャンはかなりオーバーサイズですが、辛口要素が詰まったアイテムなのでだらしなさを感じさせずにクールに決まっています。足元に白のスニーカーを入れて、明るさをプラスしたのもポイントでしょう。

3-2.パーカー×デニムパンツの王道コーデ

パーカーとデニムパンツは、まさに王道のストリートファッションです。ダボっとしたアイテムを組み合わせており、ストリートファッション初心者さんも挑戦しやすいコーデではないでしょうか。
シンプルなコーデだからこそ、ロールアップなどの一工夫を入れることが大切です。着こなせれば周りの目を惹くコーデになるので、参考にしてみましょう。

3-3.ジョガーパンツでスポーティーに決める

ジョガーパンツはスポーツミックスファッションはもちろん、ストリートファッションでも使える超お役立ちアイテムです。履くだけで簡単にスポーツ要素を取り入れられるので、まだ持っていない方は用意してみましょう。
トップスがダボっとしており、ボトムスがスッキリしているこちらのコーデは、まさにYラインシルエットそのもの。Yラインは別名「体型カバーコーデ」とも言われており、お腹周りが気になる方などにオススメです。

4.ストリートファッションならクールになれる!

カジュアル要素たっぷりのストリートファッションは、クールなスタイル代表と言っても過言ではありません。
スニーカーが定番のストリートファッションは、きっとアスリートの方にも似合うこと間違いなし!ぜひ、この機会に挑戦してみてください。

アバター

作成者: editor01

jklmn

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です